MENU

お金を借りる前に!

「お金を借りる」と聞くと、あなたは、どんな方法を思いつきますか?お金を借りる方法は、たくさんあります。

 

消費者金融・銀行で借りる方法や知人や家族から借りる方法もありますし、他にも国からお金を借りる方法もあります。どれもお金を借りる方法ですが、どれが自分に合ったお金を借りる方法なのか、すぐにはわかりませんよね。

 

それぞれ特徴があって借入条件も返済の仕方も変わっていきます。数ある、お金を借りる方法から、あなたにあった方法を選べるように当サイトでは「お金を借りる」について調べてみました。

 

どの方法も、メリットがあればデメリットもあります。その中で、あなたにあったお金の借りる方法を見つけてください。

 

カードローンでお金を借りるならココ!

プロミス

 

最短1時間融資が可能!!

 

実質年率 審査時間 評価
4.5%~17.8% 最短30分

 

大きく分けると3つのお金を借りる方法

冒頭でも書いたようにお金を借りる方法は、たくさんありますが、大きく分けると3つになります。その方法について紹介していきます。

 

知人や家族にお金を借りる方法

友達や知人もしくは、家族にお金を借りる方法です。この方法は、あまり、おすすめはしません。お金を借りることを友人や家族に頼むのは、難しいですよね。もし借りれたとしても、計画通りにお金が返せなかった場合や、急遽、不幸があってすぐにお金を返してほしいと言われて応えることができなかった場合などトラブルになる可能性が高いです。「金のきれめは縁のきれめ」と日本のことわざでもあるようにお金のトラブルで関係が悪くなるという話は、よく耳にします。

 

消費者金融・銀行でお金を借りる方法

消費者金融や銀行でのキャッシングです。消費者金融にお金を借りると聞くと心配な気持ちになるかもしれませんが、ちゃんと計画を持って使えば、とても便利に使うことができます。テレビで見ると、怖い人が家まで取り立てにくるというイメージがあるかもしれませんが、それは昔の話で、今は法律が厳しくなってそんなことは一切ないようです。

 

金利も初めての利用の人には、メールアドレスとWEB明細書利用登録で30日間無利息のキャンペーンを利用できます。30日の間に返済すれば金利ゼロ円で利用できます。審査回答も最短30分でできるので、早ければ、その日にお金を借りることもできます。自分の好きなタイミングでお金を借りれるのが非常に便利ですね。

 

国からお金を借りる方法

国が自立をサポートしてくれる生活福祉資金貸付制度を使ってお金を借りる方法です。この方法は、消費者金融や銀行でお金が借りられない人を対象にしていますので、審査に時間がかかるのとなかなか、審査に通りにくいところがあります。ただし、金利が、低いです。消費者金融や銀行のカードローンは、平均で3%~18%(消費者金融)もしくは3%~14.5%(銀行)となっております。それに比べて生活福祉制度の金利は1.5%~3%とかなり低いです。連帯保証人をつけると金利は0%にもなります。生活福祉資金貸付制度は各都道府県にあります。検索で「○○県 社会福祉協議会」と調べるとより詳細な情報がでてきます。

 

最後の手段になるので、審査は慎重に申込みをしていきましょう。

お金を借りることを隠すなら

お金を借りることを誰にも知られたくないと考える方も少なくないと思います。その点でも、カードローンなら申込み方法が多種あるので、ご自分の条件にピッタリ合った方法で選ぶと良いでしょう。

 

例えば、誰にも会わずにお金を借りたい人には、自動契約機を使ってが向いているかもしれません。もし、自動契約機が近くにない人は、スマホ・パソコンを使ってのネット申込みも便利ですね。

 

申込みに必要な書類も希望借り入れ額が50万円以下の場合は、本人確認書だけでOK!
印鑑・担保・保証人など一切必要ありません。審査時間もスピーディーに対応してくれるので急いでいる人には特に利用しやすいと言えるでしょう。

 

そして、誰にも会うことなく申込みできるので人目を気にすることなくお金が借りられます

 

お金を借りるまとめ

あなたにピッタリの方法が見つかりましたか?十人十色と言われるように一番いい方法は、これ!とは言えませんが、万人向けはカードローンかなと思います。

 

国からお金を借りる方法は、審査に必要な書類も多いし、時間もかかるので、急いでいる時には向かないでしょう。家族や友達に借りる方法は、少額のお金のなら、いいのかもしれませんが、大金の貸し借りにになると関係が崩れる恐れもあるので、なるべく避けたほうがいいでしょう。

 

対するカードローンは、自分の好きな額を自由に借りることができるのでかなり融通が利きます。何より他の方法に比べて早くお金を借りれる可能性が高いのが心強く感じます。
加えて、一定の安定した収入があれば学生や主婦またはフリーターの方もお金を借りることができるのもうれしいですね。

 

学生が借りる方法は

更新履歴